研究科紹

沿革

 岡山大学大学院自然科学研究科は、自然科学分野に対する強い社会的・学問的要望に応えるべく、昭和62年4月に修士課程の理学、薬学、工学、農学研究科の4つの研究科を基盤として、物質科学専攻、生産開発科学専攻、生物資源科学専攻、生体調節科学専攻、システム科学専攻の5専攻の後期課程3年のみの博士課程として発足しました。その後、平成4年4月に知能開発科学専攻が設置され、併せて生産開発科学専攻及びシステム科学専攻が改組されました。
 その後、自然科学系学部として環境理工学部が設置され、平成7年4月から学生の受け入れを開始しました。それに伴い、平成11年4月に環境理工学部に修士課程の設置を計画する際、既設の修士課程研究科と博士課程研究科を融合し、博士前期課程と博士後期課程を一体化した区分制大学院へと改組することとなり、既設修士課程の理・薬・工・農の4研究科を自然科学研究科の博士前期課程の12専攻(環境理工学部の関連する2専攻を含む)として組み入れ、区分制博士課程に改組しました。併せて、4つの基幹講座にそれぞれ専任の教授及び助教授を配置したエネルギー転換科学専攻を博士後期課程に新設しました。
 平成16年4月の国立大学法人化を迎えるにあたり、岡山大学は文化科学系研究科、自然科学系研究科、医歯薬学系研究科及び環境学系研究科の4つの組織を基礎とする大学院の戦略的再編を計画しました。自然科学研究科は「先端基礎研究を長期的・重点的に推進する専攻」と科学技術の重点分野に即応できる教育研究体制の構築を主軸とした「基礎から応用まで多様な課題に対応できる学問分野で大きく括った専攻」の併設をめざし、 平成17年4月、それまでの8専攻を「先端基礎科学専攻」、「産業創成工学専攻」、「機能分子化学専攻」、及び「バイオサイエンス専攻」の4専攻に改組しました。
  その後、「深化」と「融合」あるいは「機能分化」と「協調」の両立が可能な新たな教育研究組織の確立を目指す観点から、平成24年4月、従来の理学・工学・農学を中心とした博士後期課程4専攻22講座から、理学・工学を中心とした博士後期課程4専攻12講座に、さらに、理学・工学における医学応用分野確立を目指す「生命医用工学専攻」を平成27年4月に新設し,博士後期課程5専攻12講座に改組しました。科学技術の進展を牽引する基礎科学と応用工学を両翼として、それぞれの「深化」を図るとともに理学(Science)と工学(Engineering)の融合によるシナジー効果を備えた大学院を目指します。