専攻

ホーム > 専攻 > 生物資源科学専攻

生物資源科学専攻

人材養成目的

 本専攻では、動植物や微生物などの優れた機能や能力に関して、有機化学、生理・生化学、分子生物・遺伝育種遺伝育種学的手法を駆使して原理の解明を行うとともに、得られた成果を人類の生存に役立てるための応用面についても幅広い教育・研究を行います。このような広範囲の教育・研究活動を通して、広い視野に立った思考能力、問題解決能力、及び研究開発能力を備えた、国際社会において活躍できる有能な研究者や技術者を養成します。

教育目標

 本専攻では、以下の項目を教育目標とします。
  1. 動植物および微生物の機能や能力の解明に必要な専門知識と技術の修得
  2. 専門分野における研究開発能力とプレゼンテーション能力の修得
  3. 国際的な視点から物事を考えることのできる能力の育成
  4. 社会への貢献を目指した行動力の育成

アドミッションポリシー

  1. 学部教育で培われた専門的基礎学力、課題探求能力、およびコミュニケーション能力などの研究者や技術者としての基礎的素養を身につけている人
  2. 農芸化学分野や植物生理・遺伝・育種学分野について深い興味を持ち、知識習得だけでなく、先端研究分野に挑戦する目的意識を持っている人
  3. 専門以外の分野にも興味を持ち、幅広い知識と視野を修得しようという意欲を持った人
  4. 旺盛な学習意欲を持ち、自ら考え、行動できる人
  5. 身に付けた知識や技術をもとに、地域や国際社会に貢献したいという意欲のある人

  6. 基礎となる学部・コース