研究科紹介

ホーム > 研究科紹介 > 物質生命工学専攻

物質生命工学専攻

人材養成目的

 分子のレベルでの研究を基盤とする新しい機能を有する化合物の創製が、より暮らしやすい社会への変革をリードしています。本専攻では、無機・有機および生体分子に関する基礎研究から、合成・反応プロセスの開発、光や磁気機能などの材料科学、微生物や酵素などに関する生命科学、医用材料や生命工学への応用という幅広い分野での研究を通し、社会に役立つモノと機能を創製することができる研究者、技術開発者、さらに事業創出者を育成します。

教育目標

 物質生命工学分野全般を支える,物理化学,無機化学,有機化学,生化学とその関連領域に関する専門知識と専門技術の修得に加え,以下の項目を目標とします。
  1. 研究者,技術者としての倫理観に基づき,人類の幸福と福祉という地球的規模の広い観点から化学生命系分野の役割を考え,社会に対する責任感を自覚する能力の育成
  2. 専門知識と専門技術を駆使して,高度な社会的・技術的要求に対応する企画力の育成
  3. 日本語および英語による論理的記述能力,プレゼンテーション能力,コミュニケーション能力の育成
  4. 研究のための情報収集,研究計画,実行力を養い,自主的,継続的に学習できる,課題探求型研究者,技術者の養成成

アドミッションポリシー

 本専攻では、物質および生命工学に関わる基礎的な素養を有し、本専攻が対象とする研究分野での研究活動に対して強い意欲を有する人物を受け入れます。

基礎となる学部・学科